基礎体温法とアフターピルによる避妊方法について

女性が否認する方法はいくつかありますが、中でも有効な手段としては基礎体温法による避妊方法とアフターピルの服用による避妊方法あります。
基礎体温法による方法はある程度手間がかかりますが、薬を服用するわけではないので安全に費用をかけずに行うことができます。
アフターピルに関しては、費用はかかりますが薬を服用すればよいだけなので、服用方法をしっかりと守って服用すればそれほど手間をかけることなく避妊することができます。
まず、基礎体温法による避妊については、事前に基礎体温を毎日つけていき、安全日がいつなのかということを把握する必要があります。
通常月経が終了した直後から3日間ほどは体温が低くなる傾向にあり、妊娠する可能性が高くなります。
一方高温になった4日目以降は妊娠しない期間となりますから、この期間に性行為をすれば妊娠する可能性は低いということになります。
しかし、必ずしも排卵する日に体温が下がるとは限りませんから、自分なりのパターンを知っておく必要があります。
次に、アフターピルの使用による避妊については、これは最終手段としての意味合いが強いと考えられます。
アフターピルを使用する場合は、避妊具による避妊に失敗したときや妊娠する可能性がある期間に性行為をしたときや望まない性行為をした後に緊急避難的に服用します。
通常アフターピルの場合、服用する時間帯が性行為の後の72時間以内というように決められていますから、必ず72時間以内に服用することが大事になってきます。
もしも、72時間を過ぎてしまうと避妊率が低下しますから、注意が必要になってきます。
また、副作用が出る場合がありますから、事前にどのような副作用が起きるのかといったことを知っておくことも重要になってきます。



ページトップへ