出血が止まらない症状のピルの服用と再開について

低用量ピルとは、経口避妊薬のことです。1960年にアメリカで発売されて、世界中の女性が使用しています。日本では、最近まであまり使用することに抵抗を感じる女性が多かったですが、徐々に効果が認められて、一般的に認識されるようになりました。
低用量ピルは、女性の卵巣で生成される「卵胞ホルモン」と、「黄体ホルモン」という2つの女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ効果が期待できます。
毎日1錠を1回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えます。従って、高い避妊効果を得られます。
又、低用量ピルは、避妊効果だけではなく、女性のあらゆる疾患の治療に使用されます。

服用することにより、月経周期が整う、月経痛・月経前緊張症の改善、肌荒れ・ニキビの改善、子宮体がん・卵巣がんの抑制、子宮内膜症の改善などの効果が期待されます。
たとえば、生理が始まると出血が止まらないという症状のある方にも、低用量ピルの継続服用を勧めます。症状が良くなり、一旦服用をやめたあとに、再度出血が止まらないが見られた場合も、すぐに再開することが可能です。ピルは、服用の中止も再開も問題なく行うことが可能です。
低用量ピルは、産婦人科などの医療機関にて、子宮がん検査や超音波検査、おりものの検査や血圧測定など事前に必要な検査を行ってから、処方を受けることになります。妊娠の可能性のある方、妊娠を希望している方は服用ができないので、妊娠を今後考えておられる方は、医師に相談しましょう。
低用量ピルは、上手に使用すれば、女性にとって大変強い味方になります。月経痛の強い方、出血が止まらない方、一度は辞めたけど再開を希望する方など、あらゆる症状でお悩みの方は、ぜひ産婦人科で診察を受けて、低用量ピルの相談をされることをお勧めします。



ページトップへ